おでこ

ニキビに関する色素沈着を防止

ニキビが顔の特に目立つ場所に出てくると、どうしても潰したくなるの気持ちは分かります。
しかし潰してしまうと、肌にいつまでもシミとなって残ってしまうというのを、頭に入れておくようにしましょう。
ニキビが顔にたくさん出てくると、どうしても気になってしまうし自分だけでなく、周りの目なども気になるからです。

そして、このニキビというのは小さいうちに治せば良いですが、大きくなったときに自分で潰してしまうと痕になって残ることが非常に多いです。
そして潰したニキビを、放っておくことによって、色素沈着と言って顔にシミのようなことが、ずっと残ってしまうので、その部分はファンデーションで隠すしかないのです。
ニキビが出来ると、厄介なので潰してしまいたい気持ちはわかるのですが、まずは我慢するようにしましょう。

このようなことにならないためにも、ニキビが色素沈着しないようにとりあえず小さいうちに、治すようにする癖をつけてみてはどうでしょうか。
それから絶対に潰さないようにすることが、色素沈着を防止することになるので潰すと、後の肌が汚くなるので気をつけましょう。
このように、色素沈着を防止するためには、早めのケアというものが大切ですから、小さいうちに治すようにしましょう。

このページの先頭へ